迷宮の風景

まず量塊を持つ直方体より始める。
それは彫刻が置かれる場に対し、より抽象化された「図」として迎えられるが、この「図」としての塊もまた空虚化された純粋幾何学形により幾重にも重なり合う形で穿たれ、「地」として読み替えられる。
空虚としての「図」は彫刻により顕在化された光とその陰影によって浮かび上がり、残された断片と共に個々人の抱く物語を隆起し補完、転換させるその背景となる。