建築設計事務所を開設して22年目を迎える。
そして手がけた建築を改めて俯瞰したとき、その仕事の過半が鹿児島、宮崎、熊本、広島、愛知などに散らばり、事務所を構える関東圏に以外と少ないことに気づく。あるいは弁護士となった友人に「お前は建築という人の晴れやかな機会に寄り添えて良いな、それに比べて俺は悲しみといつも共にある」という主旨の、本人としては褒め言葉として発した言葉に後頭部をハンマーで叩かれたような衝撃が走った。
事業を始める人であっても家を望む建て主であっても共通するのは希望に満ち溢れ、ここにはない未来に思いを馳せる人たちとの伴走は(それに応えなければならないという重圧はあっても)夢と希望を共有化することよりはじまる。しかし、そうした希望の中での仕事は建築家が果たさなくてはならない職能のひとつの断面に過ぎない。「困っている人、建築によって解決できる事象への取り組み」への漠然とした思いが自身のもうひとつの目標となった。そして求める姿形は「町医者」にもっとも近似する。地元に根ざしながら、悩みを抱えて扉をたたく誰かを受け入れ、建築にまつわる周辺部までもをすくいとるというもうひとつの建築家像を目指して家の近くに小さなアトリエを設けることからはじめることとした。